看護婦転職ガイドTOP > 看護師転職の基礎知識 > 看護師の転職のデメリット

看護師の転職のデメリットについて

 

看護師の転職のデメリットは、「メリットの裏返し」でもあります。一つは「安易な転職を繰り返している人は、やがて警戒されるようになる」ということです。「看護師は転職をするのに有利」「結婚して退職をしても、好きな時期に社会復帰できる」というイメージがあり、その分「辞めても、次は見つかるんだから」という気持ちで転職を繰り返してしまう人がいます。若いうちはそれでも、何とかなるかもしれませんが、年齢を重ねるにつれて「安定した働き方ができていないのは、なぜか?」と転職先にも警戒されるようになります。

 

看護師の転職のデメリットとして「ブランクがあるために、新技術についていけるか自信がなくなる」ということがあります。また、IT化も進んでいますし、病院によっても、導入している技術が大きく違いがありますので、職場になじめるかという問題が、起こってきます。ただ、看護師の能力・キャリアに合わせて、職場を選ぶことは、ある程度可能です。病院・診療所には色々な経営方針・運営方針がありますので、合う職場を探すことは可能です。

 

また、看護師の転職のデメリットとなるのが「超過勤務が多い職種なので、子どもを預ける場がない」ということがあります。保育所などの延長保育を利用してもカバーしきれず、民間の託児所・親族の家庭に世話になるしかないケースも、多々あります。パート勤務・残業なしという契約での勤務を選べば、この問題には対処が可能なことも多いです。

 

記事一覧記事一覧

看護師の転職のメリット

看護師の転職のメリットは「売り手市場が続いていて、探せば転職先が見つかる状況にある」ということです。看護師の転職には様々な事情や動機があり、勤務先に関しても希望はあるでしょう。よほ...

看護師の転職のデメリット

看護師の転職のデメリットは、「メリットの裏返し」でもあります。一つは「安易な転職を繰り返している人は、やがて警戒されるようになる」ということです。「看護師は転職をするのに有利」「結...

看護師の転職とブランクについて

看護師の転職は、ブランクがあって職場復帰を考えるという人は、たくさんいます。そのため、「ブランクがあることが、すなわち看護師の転職に不利」とは言えません。看護師として働くことと、家...

看護師の転職の現状

看護師の転職の現状は「売り手市場」です。きっかけは2006年に診療報酬改定が行われたことが「病院にとって看護師が不足する」状態に陥ったことでした。従来続けてきた「10:1看護(日勤...

看護師求人の地方の状況

看護師の求人は都市部でも地方でも、様々な求人があります。地方の看護師不足・医療機関の不足が深刻な地域では、良い条件を出して、看護師に「来てもらいたい」という地方もあります。その場合...

看護師求人東京

看護師の求人情報を東京で探すなら「東京の情報に強い会社」を選ぶ必要があります。また「今、東京に住んでいて、転職を考えている」という人と「引越しなどの都合で、遠方から東京の職場へ行か...

看護師の転職の悩み

看護師の転職の悩みとして多いのは「職場に復帰してから、仕事をうまくやっていけるのか?」ということが一番です。数年といったブランクがあると、再就職はできても「現実問題として、仕事がで...