看護婦転職ガイドTOP > 看護師転職の基礎知識 > 看護師の転職とブランクについて

看護師の転職とブランクについてについて

 

看護師の転職は、ブランクがあって職場復帰を考えるという人は、たくさんいます。そのため、「ブランクがあることが、すなわち看護師の転職に不利」とは言えません。看護師として働くことと、家庭の両立というのは、なかなか難しいのです。

 

ただ、育児・介護などの理由で数年単位のブランクがあると、再就職はできても「現実問題として、仕事ができるのか?」という不安を抱く人はいます。医療の世界では、新しい技術がどんどん導入されています。IT化も進んでいます。それらの技術についていけるのか?という不安が職場復帰を妨げるということも、あります。こういう場合には、自分の能力にあった転職先を選ぶということが大事です。転職先の方針・どういう病院であるか・患者さんの層などによって、必ず看護師の能力にあう職場というのは、見つかるものです。

 

そもそも、看護師不足がなぜ起こるのかというと、2006年に診療報酬改定が行われ、多くの病院が「7:1看護」を導入したことがきっかけ、という見方があります。日勤帯の受け持ち患者数を、看護師1人あたり7人以内にする、ということです。それまで、「10:1看護」を主に採用していた病院が、こぞって看護師を採用しようとし、そのために看護師不足が起こっています。また「労働環境が苛酷で、超過勤務も当たり前のようにあり、根をあげてやめてしまう看護師が続出する」「そのために働いている看護師の負担が大きくなり、またやめる人が続出する」という悪循環になっていると考えられています。この状況は、十年単位で継続すると見られており、看護師の求人はこれからも、たくさんある状況は続くでしょう。

 

記事一覧記事一覧

看護師の転職のメリット

看護師の転職のメリットは「売り手市場が続いていて、探せば転職先が見つかる状況にある」ということです。看護師の転職には様々な事情や動機があり、勤務先に関しても希望はあるでしょう。よほ...

看護師の転職のデメリット

看護師の転職のデメリットは、「メリットの裏返し」でもあります。一つは「安易な転職を繰り返している人は、やがて警戒されるようになる」ということです。「看護師は転職をするのに有利」「結...

看護師の転職とブランクについて

看護師の転職は、ブランクがあって職場復帰を考えるという人は、たくさんいます。そのため、「ブランクがあることが、すなわち看護師の転職に不利」とは言えません。看護師として働くことと、家...

看護師の転職の現状

看護師の転職の現状は「売り手市場」です。きっかけは2006年に診療報酬改定が行われたことが「病院にとって看護師が不足する」状態に陥ったことでした。従来続けてきた「10:1看護(日勤...

看護師求人の地方の状況

看護師の求人は都市部でも地方でも、様々な求人があります。地方の看護師不足・医療機関の不足が深刻な地域では、良い条件を出して、看護師に「来てもらいたい」という地方もあります。その場合...

看護師求人東京

看護師の求人情報を東京で探すなら「東京の情報に強い会社」を選ぶ必要があります。また「今、東京に住んでいて、転職を考えている」という人と「引越しなどの都合で、遠方から東京の職場へ行か...

看護師の転職の悩み

看護師の転職の悩みとして多いのは「職場に復帰してから、仕事をうまくやっていけるのか?」ということが一番です。数年といったブランクがあると、再就職はできても「現実問題として、仕事がで...